米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は26日、北朝鮮内部情報筋の証言を引用して「金正恩のそばにいつも付いていた馬園春中将が建設物施工に問題が生じた責任を取って昨年11月に辞任した」「昨年の辺仁善(ピョン・インソン)総参謀部作戦局長の粛清の頃に表舞台から姿を消した」と報道した。

デイリーNKジャパンが調べたところ、馬園春氏は金正恩氏の平壌国際空港第2ターミナル現地視察に同行したと報道された11月1日以降、公式メディアに姿を現していない。

もし馬園春氏が粛清されたとするなら、金正恩体制を支えていた大物幹部がまた一人姿を消したことになる。そもそも馬園春氏とはどんな人物なのか。