韓国銀行(中央銀行)が23日発表した2014年第4・四半期国内総生産(GDP)速報値は、前期比0.4%増(季節調整済み)と第3・四半期の半分以下の伸びにとどまった。伸び率は6年ぶりの低水準。

また、2014年の実質GDP(速報値)は13年比3.3%増となった。伸び率は2年連続で前年を上回ったものの、韓銀が示す潜在成長率の3.5%前後には届いていない。国内での民間消費が振るわず、中国景気などの減速から輸出も鈍化。韓国経済の伸び悩みは、しばらく続きそうだ。

世界の要人に「北の味」ふるまう

韓国の名目GDP(2014年)は1428兆ウォンで、現在の為替レートで約156兆円。およそ490兆円の日本の約3分の1の水準だ。10年前には6分の1、その10年前には11分の1の水準だったことを考えれば、ここまでは力強く成長してきたと言える。

しかし今後は、これまでと同じようには行きそうにない。

    関連記事