在日本朝鮮人総連合会の機関紙・朝鮮新報によれば、北朝鮮の首都・平壌に昨年12月20日、「新しい形態の商店」がオープンしたという。営業時間は朝6時から夜12時までで、韓国メディアは「北朝鮮式コンビニが登場」と伝えている。

朝鮮新報(電子版)19日付によれば、店名は「ファングムポル(黄金原)商店」で、「連鎖店(Chain store)の形態を備えたサービス網である」としている。

店舗展開の第1次として、平壌市中心部の中(チュン)区域と普通江(ポトンガン)区域の3カ所でオープン。金正日総書記の誕生日に当たる2月16日に数店舗が第2次オープンするなど、春までに20店舗の開店をめざし、将来的には平壌で100店舗を展開するという。

国産品にこだわり、輸入品を排除!?

また、運営主体は国営の貿易会社で、各商店も国営。在日朝鮮人や外国人がチェーンに加盟できるかは言及されていない。

一方、北朝鮮の官営メディアは最近、「創造と建設で国産化の比重を高め、輸入病を大胆に打ち捨てなければならない」(労働新聞11日付)などとして、輸入品依存を「病(やまい)」であると規定。国産品の利用を促している。

北朝鮮の商業事情に詳しい在日コリアンの会社経営者は「北朝鮮のマーケットは、中国から流入するモノなしには回らない。国営商店が国産品にこだわるなら、コンビニを100店舗も展開するのは難しいのではないか」と分析。

同時に、「そういう方向で努力すること自体は、人々がビジネス感覚を磨くにはいいことだと思う」と話した。

    関連記事