人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

申氏の自伝執筆者のハーデン氏は、申氏が本の内容の間違いを認めたことについて「人権という観点から申氏が野蛮な拷問を受けたことは変わらない」とワシントンポストに語った。

米国北朝鮮人権委員会(HRNK)グレッグ・スカラチューブ事務総長はワシントンポストとのインタビューで「収容所が14号だろうが18号だろうが差はない」「重要なのは申氏が政治犯収容所の生存者ということだ」と語った。

【関連記事】「屈服しないこと北朝鮮に示す」証言修正した脱北者の申東赫氏

    関連記事