【北朝鮮ツアー・ブロガー旅行記-1-】ガイドに黙ってこっそり散歩からつづく

その日の集合時間は朝9時だった。私はつかの間の散歩を楽しむため、早起きして6時にホテルを出た。目に映る平壌の朝は印象的だった。ホテルのすぐ前で見かけたのは花がらの服を着た女性。彼女は外国人観光客を監視する公安の人。少し緊張したが呼び止められないことを心のなかで祈った。

DNKF_11003_296729_1376011995_i

平壌に広告はほとんどないけれど、この「平和自動車」は例外だった。アメリカ系(編集部注※実際は統一教会系)の会社で生産量は大したことないらしいが、北朝鮮では有名な会社だ。

DNKF_11004_296729_1376011995_i

職場や学校へと向かう人々や、道を掃除する人々の様子を間近から見ることができた。一緒に散歩に出た母は昔の北京そっくりだと言った。ふと後ろを振り返ったが尾行されていないようで安心した。

DNKF_11005_296729_1376011995_i

路面電車やバスの停留所の広告が入るスペースには風景画が飾られていた。慌ただしく行き交う通勤客。しかし、北京や上海の猛烈なラッシュアワーに比べると牧歌的な風景だった。

DNKF_11006_296729_1376011995_i

北朝鮮の人に何かを尋ねられた。何を聞きたかったのだろう。なんでバッジをつけていないのか。朝鮮語ができるのかどうか。話してみたかった。朝鮮語の勉強をしなきゃ。

DNKF_11007_296729_1376011995_i

平壌のほとんどの店はオープン前。10時オープンって遅すぎる。果物はほとんどが中国製のようだった。

DNKF_11008_296729_1376011995_i

ショーウィンドウの下の段にあるトイレットペーパーは、ホテルの部屋にあるものと全く同じだった。

DNKF_11009_296729_1376014173_i

同じ品物をズラッと並べるのが朝鮮式陳列方法のようだ。

DNKF_11010_296729_1376014173_i

服屋。80年台の中国が思い出されて懐かしい。

DNKF_11012_296729_1376014173_i

雑貨屋。時計や鞄が売られている。天井には北朝鮮の旗が。

DNKF_11013_296729_1376014173_i

公園にはジムのマシーンが置かれていた。使っている人は多いのだろうか。建物をきれいに塗り替えれば今の北京のような感じになるんじゃないだろうか。

DNKF_11015_296729_1376014173_i

街の至る所にあるプロパガンダの書かれた看板。

DNKF_11016_296729_1376014173_i

車が少なくて渋滞の心配はなさそうだ。

DNKF_11017_296729_1376014173_i

裸の石鹸が売られているのが珍しい。奥に置かれたタオルには「戦勝60年」という文字が浮かび上がっている。

DNKF_11018_296729_1376014173_i

2012年にオープンした「光復地区商業中心」。売られている品は、中国からの輸入品が6割ほどを占めるらしい。

DNKF_11019_296729_1376014173_i

まだオープン前だったので外から写真を撮った。

DNKF_11020_296729_1376014173_i

ホテルから2キロほど歩いたところで地下鉄の駅に向かう歩道橋を渡ろうとしたとき、後ろからハイヒール姿で尾行してくる女性に気がついた。驚きの余り気絶しそうになった。恐ろしくて大急ぎでホテルに戻った。

DNKF_11021_296729_1376014173_i

マンションの中に入ってみたかったが、女性がずっと付いてくるので諦めた。

DNKF_11022_296729_1376014173_i

ラッシュアワーの路面電車。かなり混んでいる。

DNKF_11023_296729_1376014173_i

【-3-】ローラースケートのちびっ子とカメラに照れない女子高生につづく

【北朝鮮ツアー・ブロガー旅行記】一覧