米朝対立の新たな火種になっている金正恩氏の暗殺を描いたコメディ映画「ザ・インタビュー」。北朝鮮当局は映画が北朝鮮国内に出回ることを防ごうとしているが中国ではすでに海賊版が販売されていたことがわかった。現地で海賊版DVDを視聴した男性がデイリーNKジャパンのインタビューに答えた。

【関連記事】北朝鮮が「ザ・インタビュー」国内流入を超警戒

北朝鮮マニアが見つけた「ザ・インタビュー」海賊版

ザ・インタビューの海賊版。
「ザ・インタビュー」の海賊版。日本語のタイトルが入っている。韓国語は「この無学なアメリカの奴らを信じないでください」と書いてある。

?「偶然、立ち寄ったDVDショップで見つけたんだよ。あっ!『ザ・インタビュー』だって」

そう語るのは北朝鮮マニアの日本人男性(30代)。色んな場所に足繁く通い、北朝鮮に関するグッズがあれば、金に糸目をつけず買い漁る。どこで見つけたのか自宅には金日成氏と正日氏のホンモノの肖像画が飾ってある。

「どこで入手するのかって?それは企業秘密だから言えないよ。でも、日本でも探せば色んな場所に北朝鮮グッズのお宝は眠っている。集めたからって何か価値があるとは思わないけど、まぁネタとしてはいいかな(笑)」

訪朝歴も7度あり、平壌の金日成広場で朝鮮人民軍兵士のように1人で行進したこともある。そんな彼は年始年末の休暇で中国の深セン市を訪れた。

「老街という街をブラブラ歩いているとDVDショップがあったので覗いてみた。そこでは、日本のSNS歌謡祭や紅白歌合戦のDVDなどもあったね。日本のDVDが6割で中国、韓国が2割ずつという感じ」

そこで、あるものが彼の目をとらえた。

「ザ・インタビューのパッケージ品で店頭に陳列してあったんだ。驚いたけど、まぁ中国だからさもありなん。ただ、びっくりしたのはタイトルが日本語だったことだね。まさか字幕まで日本語とは思っていなかったけど・・・」

オバマ大統領が「小浜大統領」?

?海賊版を日本に持ち帰ることが違法であることは男性も熟知している。土産話にと1度視聴したら破棄するつもりでDVDを購入した男性はさっそくホテルに帰るとPCで再生した。すると・・・

「字幕も日本語なんだ。一体誰が翻訳したのだろうかと思いながら見ているとアレ?って。オバマ大統領が「小浜」になっていた(笑)」

キャプチャー画面を確認したところ確かに「小浜(オバマ)大統領」になっている。

映画「ザ・インタビュー」の1シーン。オバマ大統領が「小浜さん」になっている。
映画「ザ・インタビュー」海賊版のキャプチャー。オバマ大統領が「小浜さん」になっている。

それ以外の字幕もかなり不自然な日本語訳だ。

映画「ザ・インタビュー」海賊版のキャプチャー。朝鮮民主主義人民共和国が「北朝鮮民主主義人民共和国」になっている。
映画「ザ・インタビュー」海賊版のキャプチャー。朝鮮民主主義人民共和国が「北朝鮮民主主義人民共和国」になっている。
映画「ザ・インタビュー」海賊版のキャプチャー。「歓び組み」とは「喜び組」のことか。
映画「ザ・インタビュー」海賊版のキャプチャー。「歓び組み」とは「喜び組」のことか。

「機械翻訳でやったのかもしれない。しかし、こんな早くに中国で出回るとは思っていなかった。果たして中国の人にとっては興味があるかどうかはわかないけど。売れていたかって?いやぁ、わざわざお金まで出してあんな海賊版DVDを買うのはオレぐらいじゃないかな」

男性は、DVDを視聴してデイリーNKジャパンに提供したくれたキャプチャー画面を写真に収めたあと無慈悲に破棄したという。

ザ・インタビューが北朝鮮国内に出回るのは時間の問題かもしれない。

【参考記事】「ザ・インタビュー」発禁でむしろ高まる北の庶民の「好奇心」

    関連記事