中朝国境で殺人事件が発生

先月27日、朝鮮人民軍の脱走兵(26)が中国側の民家を襲撃し、朝鮮族の住民4人が殺害されるという事件が延辺朝鮮族自治州和龍市郊外で発生した。

事件発生の翌日に、奇遇にも殺害現場周辺を訪れていた日本人の北朝鮮マニア(38)がデイリーNKジャパンの取材に応じ、「中国当局が放ったシェパード犬に追い掛けられた」「中国の公安に1時間で5回も検問に遭い、射殺されそうになった」と、緊急配備が敷かれた現場の恐怖体験を語った。

韓国紙・東亜日報(電子版)によると、事件は12月27日午後7時半ごろ、和龍市南坪鎮南坪村の朝鮮族が住む民家に脱北兵士が侵入。2軒の民家で2人を射殺、2人を撲殺した。腹ペコの兵士は民家で食事をした上、中国元を奪って逃げたが、28日午前0時すぎに中国軍と警察の追手により腹部を撃たれ、病院に運ばれ死亡した。

    関連記事