金正恩第1書記が新年最初の公式活動となる錦繍山太陽宮殿の参拝に、軍の幹部だけを帯同した。例年は党と政府の幹部も帯同していた。

朝鮮中央通信は1日、「金正恩同志が新年2015年に際し、1月1日0時、錦繍山太陽宮殿を訪れた」と明らかにした。錦繍山太陽宮殿には、祖父・金日成主席と父・金正日総書記の遺体が安置されている。

正恩氏が参拝に帯同したのは、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)、李永吉(リ・ヨンギル)、金元弘(キム・ウォノン)、徐鴻賛(ソ・ホンチャン)、キム・チュンサム、朴永植(パク・ヨンシク)、リョム・チョルソン、趙慶喆(チョ・ギョンチョル)ら軍指導部や国家安全保衛部の最高幹部ら。

gumsusan
錦繍山太陽宮殿を参拝する金正恩氏(参考写真)