ロシアのインタファクス通信は28日(現地時間)、アレクサンドル・ティモニン駐北朝鮮大使が、次期駐韓大使に任命されたと伝えた。

ティモニン大使は、2012年5月から駐北朝鮮大使として赴任していた。北朝鮮に赴任する以前は、駐韓ロシア大使館で公使だった。

南北朝鮮と国交を結ぶロシアの外交官は南北を交互に行き来しながら勤務しているが、北朝鮮の大使を務めた人物が駐韓大使に任命されるのははじめてのケースとなる。

北朝鮮は11月に崔龍海(チェ・リョンヘ)氏をロシアへ派遣した。一方、ロシアは来年5月に開かれる式典に金正恩氏を招待するなど北朝鮮とロシアの交流が活発になっているなか、今回の人事の背景に注目される。

アレクサンドル・テイモニン氏(62)
駐韓大使に任命されたアレクサンドル・テイモニン氏(62)