韓国国防部が25日に発表した「北朝鮮と周辺国の軍事力現況」で、北朝鮮が空軍兵力を拡大する一方、陸軍は縮小したとの分析を示した。同日付で聯合通信が報じた。

【関連記事】正恩氏「空軍重視」にひそむリスク

国防部によれば、北朝鮮軍全体の兵力は、昨年末の時点で119万人と前年から変動がなかったが、陸軍が102万から101万人に減った一方、空軍兵力は1万人増えて11万人になっているという。

陸軍と空軍の兵力の変動は、陸軍に所属していたいくつかの航空部隊が空軍に移行されたことによると見られるという。

朝鮮人民軍空軍を視察する金正恩氏
朝鮮人民軍空軍を視察する金正恩氏