北朝鮮による日本人拉致が白日の下にさらされたのは、今から12年前の2002年だ。

訪朝した小泉純一郎元首相と故金正日国防委員長の間で行われた首脳会談で北朝鮮側は、「絶対認めないだろう」と思われていた「日本人拉致」を認めた。その後、一部の被害者家族が帰国したが、いまだに全面解決とは言いがたい状況が続いている。

2014年に入ってから日朝交渉は再開され、解決に向けて少しずつ前進しはじめているが、予断は許さない。しかし、なぜ拉致問題は12年もかかって解決の道が見えないのか。そもそも、拉致事件は数十年間も置き去りにされてきた。

「発生」から「発覚」に至るまで日本人拉致事件に対する日本社会の関心は極めて低かったのである。

拉致問題の発生から発覚まで

本稿では、日本社会において「拉致問題」がどう扱われ、どのように変遷してきたのかについて改めて振り返ってみたい。