中国の外貨稼ぎのために派遣された北朝鮮の20代女性が急性盲腸炎の手術を受けた後、強制的に帰国させられた。

指定外の病院に行っただけで強制送還?

中国国内のデイリーNK内部情報筋は事の顛末を次のように説明した。

「中国の瀋陽の外貨稼ぎ会社で働いていた20代の女性が突然盲腸にかかって病院で手術を受けた」 「(北朝鮮)の規定に違反して保衛部が承認していない病院で治療を受けて『外部』と接触した可能性があるからだ」

外貨稼ぎで海外に派遣された北朝鮮の労働者は保衛部の許可なく外出することは許されていない。外出の機会が与えられても3人1組で動く。外で韓国やアメリカの宣教師と接触するおそれがあるためだ。