食糧持ち出しに厳しい制限

内部情報筋は次のように説明する。

「今月初めには、稲の脱穀が終わり、市場に新米が出て、米の価格がしばらくの間は下落したが、再び上昇している」

「今月初め4800〜5000ウォンで取引されていた米が今では5600ウォンで500ウォン以上上昇した」

「他の地域へと食糧が持ち出されないように、外部に通じる道ごとに『食糧検閲哨所』が新たに設置された」

「車に食糧が積み込まれていたら、有無をいわさず没収している」

「その一方で個人の商人が列車を使ってリュック1、2個(50〜100キロ)分の米を運び出すことは取り締まられていないため、市場には米が少しは流通している。」

「しかし、それさえも取り締まられると米の価格上昇は止められない」

米の価格の上昇には国境地帯の密輸の取り締まりが強化されたことも影響を与えている。また、最近、北朝鮮と中国を結ぶ鴨緑江鉄橋の北詰が補修工事で閉鎖されたことも米の価格上昇を招いていると消息筋は指摘した。

    関連記事