北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会(中央党)作戦部の傘下にある「中央党連絡所」の幹部が、アダルトビデオを複製して販売した罪で、処刑されていたことがわかった。

労働党作戦部は、金正日総書記が「私の親衛隊」と命名しただけあり、金正日氏への忠誠度は軍より高いと言われている。そんな組織の幹部が処刑されたことは、衝撃を持って受け止められている。

密輸で逮捕、服役も、幹部に見出され出世

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、処刑されたのは、清津(チョンジン)連絡所と呼ばれる朝鮮人民軍(北朝鮮軍)459軍部隊で麻薬販売を担当していた幹部のパク・クンチュン氏(48歳)だ。

パク氏は6月初め、咸興(ハムン)市教化局で清津連絡所の幹部が見守る中、処刑された。家族は、それに先立つ4月10日に政治犯収容所送りとなった。公開処刑とならなかった理由について情報筋は、パク氏が麻薬の販売を担当していたためだと説明した。

咸鏡北道清津市の新岩(シナム)区域観海洞(クァネドン)にある清津連絡所は、労働党中央委員会の作戦部所属で、ロシア、中国、日本に対する情報収集と要員の派遣を担っていると言われている。

情報筋によると、処刑されたパク氏は、金正日氏の秘密資金を管理する「中央党39号室」の外貨稼ぎのため、ロシア、中国、日本に麻薬を輸出する責任者だった。保衛部(秘密警察)がパク氏に適用した罪目は「淫乱物の流布」だったが、処刑に至ったのは私腹を肥やしていただけではなく、党の資金にまで手を出したことが理由と思われる。

咸鏡北道の会寧(フェリョン)生まれのパク氏は、1990年半ばの食糧難の時期に、平安南道(ピョンアンナムド)で仕入れた骨董品を中国に密輸し、莫大な富を築いた。1999年に逮捕され、労働鍛錬隊(軽犯罪者を収容する刑務所)に送られたが、中国への麻薬密輸ルートを開拓しようとしていた清津連絡所の幹部の目に留まり、2000年から麻薬販売責任者となった。

パク氏は、骨董品を取引していたころに知り合った中国の密輸組織を通じて、麻薬を販売し、頻繁に清津と中国を行き来するなど、上役に可愛がられていた。

密告でバレたAV販売

ところが昨年夏、連絡所の幹部1人が「パク氏は麻薬のやり過ぎでやつれている、金遣いも荒い」などと咸鏡北道の保衛部に密告した。それを受けて保衛部は、党の資金を横領した疑いで、パク氏の調査を始めた。

そして今年3月末、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の咸興で550グラムの麻薬を運んでいたパク氏を尾行した末、逮捕した。家宅捜索で多額の米ドルと中国人民元、そしてアダルトビデオをコピーしたCD数百枚とCD-Rが発見された。

その後の取り調べで、パク氏は連絡所の名義で個人的に麻薬を密輸しただけでなく、清津市の高級ホテルで売春を行い、女性に米ドルを渡していたことが明らかになった。さらにパク氏の妻は、CD-Rを使ってアダルトビデオのCDにコピーし、清津市内の業者に販売していたことも判明した。

彼が逮捕されたことを聞きつけた外貨稼ぎ部署の責任者、徐寛熙(ソ・グァンヒ)中央党農業書記が助け出そうと対策を立てたが、保衛部と中央党の非社会主義グルパ(風紀紊乱行為の取り締まりグループ)には叶わなかったという。

(参考記事:血の粛清「深化組事件」の真実を語る