◆ 北の食糧の状況と米の価格 = 北朝鮮の食糧状況を現実的に推定することができる唯一の指標は、市場の穀物の価格だ。最近、一部の対北支援団体が主張している「大量餓死危機説」も、市場の穀物の価格を前提にしている。

北朝鮮の市場は、2002年の7.1措置以後常設されるようになって拡大し、現在全国の市や郡に、現代的な市場ができた。更に、2005年以後、北朝鮮の交通(バス、貨物車)と通信網(長距離電話)が少しずつ整備されるようになり、北朝鮮内部の穀物の価格の平均化を促進した。そのため、市場価格’が外部から北朝鮮の状況を推定できる唯一の統計である。

5月末現在の北朝鮮の市場の米の価格は、1キロ2000北朝鮮ウォン台半ばだ。とうもろこしも1キロ1500北朝鮮ウォン前後だ。昨年5月に比べ、2〜3倍上昇している。一般の労働者の月給が3000北朝鮮ウォン程度であることを考えると、殺人的な価格だ。

だが、現在の北朝鮮の食糧の価格が、北朝鮮の食糧の枯渇を直接反映しているのかどうかについては、相変らず議論の余地が多い。北朝鮮の内部情報筋は、「国家が市場の統制に乗り出せば、食糧の卸売り商人が一層のさばって価格が急騰する」と伝えている。

◆ 2005年の第1次米価上昇は市場の統制に起因

北朝鮮の過去の食糧価格の動向を分析したら、北朝鮮の食糧の価格の上昇と北朝鮮国内の食糧枯渇との直接の関連性はわずかであることが確認できる。2005年12月の‘第1次食糧価格上昇’から、2008年5月の第2次食糧価格上昇まで、北朝鮮の食糧の価格は、北朝鮮の作況や外部社会の食糧の援助量と直接の関係がないということである。こうした現象を精密に分析してみよう。

2002年に「7.1経済管理改善措置」が実施された時、北朝鮮政府は当初1キロ0.08北朝鮮ウォンだった公式の米価よりもおよそ550倍も高い44ウォンで調整した。だが当時、農民市場では既に米1キロが100北朝鮮ウォン以上で取り引きされていたはずで、個人的に食糧を購買しなければならない北朝鮮の住民にとって、実質的な意味はあまりなかった。

7.1措置が始まった当時、1キロ100北朝鮮ウォン台前半を記録した米の価格は、当時から正確に3年6ヶ月後の2005年12月には1000北朝鮮ウォンを突破した。「第1次食糧価格上昇」が発生したのだった。だが、2005年は北朝鮮の食糧保有量が最高値を記録した時だった。韓国農村振興庁は、2005年の北朝鮮の食糧生産量は、1992年以後最大値の454万トンであると推定した。当時北朝鮮の朝鮮中央通信は、10年ぶりの大豊作と宣伝した。また、その年は韓国だけからも50万トンの米が援助された。

だが、どうしてその年の12月に第1次上が起きたのだろうか。それは、北朝鮮初の’市場歪曲現象’のためだった。食糧不足で価格が高騰したのではなく、取り引きの統制によって価格が高騰したのだった。

北朝鮮政府は2005年10月10日の朝鮮労働党創建60周年を迎え、‘国家配給制の復帰’を宣布して、電撃的に市場の食糧の取り引きを禁止した。食糧難が解決される兆しが見えると、金正日政権は再び過去に戻ろうとしたのだ。だが、北朝鮮政府が広言した国家配給制は2ヶ月後に終了してしまった。

国家が約束した食糧の配給が途絶え、住民たちは安全員(警察)の取り締まりを避けて、個人の闇商売で食糧を求めなければならなくなった。ヤミ市場(black market)では、絶えず自由市場(open market)よりも高い値段で取り引きされる。2005年12月の咸鏡北道の米の価格が1キロ1000北朝鮮ウォンを越えた。

当時、北朝鮮で1000北朝鮮ウォンがあれば市場で麺を4〜5杯買って食べることができた。2005年の夏まで、咸鏡北道の米の価格は1キロ600北朝鮮ウォン台、とうもろこしの価格は300北朝鮮ウォン台を維持していた。

◆ 市場での自由な取り引き、米価の下落をもたらす

2006年春、北朝鮮政府が市場の統制を緩めると、市場では再び食糧の取り引きが盛んになった。韓国が送った‘援助米’が袋ごと市場に陳列される珍しい風景(?)が見られた。

この時期、北朝鮮政府は食糧の取り引きの統制を中断し、規格化、制度化事業をはかって、統制が可能な範囲で市場を常設化する措置に切り替えた。当時、平壌の船橋(ソンギョ)区域の市場では、販売される品目によって商人にユニフォームまで着るよう指示し、食糧や食べ物を売る商人はエプロンと三角巾を身につけるほど変化が早かった。

当時の北朝鮮の食糧の価格は、2007年の上半期まで安定を維持した。2007年4月から、米の価格は1キロ7〜800北朝鮮ウォン台、とうもろこしの価格は1キロ3〜400北朝鮮ウォン台を維持した。「第1次食糧価格上昇」以前の水準に戻ったのだった。

だが、食糧の価格が非常に安定したこの詩期に、北朝鮮をめぐる国際情勢は最悪の状況に陥った。ミサイル発射と核実験を選択した北朝鮮は国際社会から孤立し、韓国を含めた外部社会の援助が途絶えた。

2006年にも平安南道一帯が水害の被害を被り、核実験以後外部の援助が途絶えた状況だったが、市場の米の価格は2007年夏まで安定の動きを維持した。市場が開かれていたからだ。

◆ 国防委員会が統制に乗り出すと4100ウォンに急騰

今年の4月、北朝鮮の米の価格が1キロ2000北朝鮮ウォンをゆうに越えた。「第2次食糧価格上昇」が到来したのだ。食糧の価格の上昇は、実は去年の秋から始まっていた。盧武鉉前大統領の平壌訪問(2007.10.4)以後、韓国の大統領選挙が終わる時までに、北朝鮮の米の価格は1キロ1000北朝鮮ウォンを超えた。

北朝鮮が李明博政権が成立した頃から、対南攻勢を本格化し始めた3月には、米1キロが2000北朝鮮千ウォンに近づき、4月初めには平壌や全国の米の価格が3000北朝鮮ウォンに迫った。咸鏡北道の清津では、5月3日〜4日の2日間でコメ1キロが4100北朝鮮ウォンまで急騰した。

この時も、北朝鮮政府の市場統制措置が行われていた。去年の10月から「39歳未満の女性の商売を禁止する」措置が下された。さらに、12月からは平壌を含む全地域で、「45歳までの女性の商売の禁止」へと対象が拡大された。

2008年1月、北朝鮮政府は「国の食糧が流出し、密売されている」という理由で、住民が移動する時に所持できる食糧を10キロ以内に制限し、再び市場での米の販売を取り締まり始めた。今度は安全員(警察)だけでなく、保衛部の要員まで動員されて、市場を隅々まで統制した。5月3日に清津のスナム市場の米の価格が4000北朝鮮を超えた時、咸鏡北道では国防委員会が行う調査で、市場の統制が頂点に達した。

「第2次食糧価格上昇」が、2005年12月の第1次上昇よりも酷かった理由について複数の北朝鮮内部情報筋は、米の換金性と投機性のためだと言っている。

◆ 食糧は最高の投機品

北朝鮮では、米は「軍糧米」「愛国米」「軍需経済用の配給米」など書類上用途の転換が容易で、腐敗した党や軍の幹部が外国の支援米などを簡単に食糧の卸売りをする商人に売ることができる。また、米は他のどんな財貨よりも換金性がすぐれており、最も需要が多いため、最高の投機対象になる。

食糧の卸売り商人は、幹部や外貨稼ぎ機関、華僑の資本などが結合した独特の販売国「を有している。華僑が資金を出して、外貨稼ぎ機関は運搬と販売の責任を負い、幹部は書類を操作して国家の統制を避ける。

北朝鮮の内部情報筋は、食糧の価格が上がる兆しが見えれば、食糧の卸売り商人たちが米を売り惜しむと言っている。3日に平壌のある情報筋は「今年の春に食糧の価格が高騰したが、小売商の数や市場の売台の数はほとんど減らなかった」「こうした現象は、食糧の卸売り商人たちが市場の供給量を意図的に調節しているからだという事実を、小売商たちも知っているため」と語った。

結果的に、今年春の北朝鮮の食糧の価格の上昇は、市場を利用して生活している住民を国家の統制の下に置こうとする北朝鮮政府の誤った政策に起因していると思われる。これに、国家の統制政策を利用してお金を儲けようとする食糧の卸売り商人たちの行動が重なり、食糧の価格の上昇をあおいだというのが、北朝鮮の内部情報筋の説明である。

    関連記事