北朝鮮が労働者を40人以上ポーランドに派遣して外貨稼ぎに乗り出していると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

RFAによると、現地の新聞にオグレヴィッツ(Ogulewicz)という会社が出した北朝鮮の建設技術者を斡旋するという広告が掲載されている。この技術者とは、左官や大工、コンクリート建設技術者だとのことだ。

ポーランドに派遣された北朝鮮の労働者を取材したポーランドの有力日刊紙、ガゼタ・ヴィヴォルチャ(Gazeta Wyvorcza)のマルチン・コバルスキ(Marcin Kowalski)記者によると、現在ポーランドでは42人の北朝鮮の労働者が働いていると把握されており、この中には最近派遣された建設技術者が含まれている。

また、北朝鮮の建設技術者たちは、開発が活発に進んでいるポーランド北西地方の都市の建設現場で働いていることが確認された。さらに、所在が把握されていない北朝鮮の建設技術者を含めると、ポーランドで働いている北朝鮮の労働者の数はこれよりも多いだろうと同記者は述べた。