世界最高レベルの技術で保存された金日成氏の遺体

北朝鮮の金日成主席は、平壌の万景台(マンギョンデ)で1912年4月15日に生まれた。その生誕記念日は、盛大に祝われている。金日成氏の死から14年経ったが、彼は今でも北朝鮮の地で「生きている」と言えよう。遺体が永久保存されているからだ。

金日成氏の逝去から11ヶ月後の1995年6月、金正日総書記は金日成氏の執務室があった錦繍(クムス)山議事堂を錦繍山記念宮殿に改築し、遺体を永久保存する決定を下した。

遺体の保存作業は、世界最高レベルの遺体永久保存技術を有するロシアの生物構造研究センターが担当した。レーニン、スターリン、毛沢東の遺体をエンバーミングしたことで知られる。

それ以外にもブルガリアのディミトロフ、チェコスロバキアのゴットワルト、ベトナムのホーチミン、アンゴラのネト、ガイアナのバーナムなどのエンバーミングも行っている。金日成氏のエンバーミングは同センターが手がける9人目の国家指導者となる。

遺体の保存には常日頃からのメンテナンスが必要だ。1週間に2回は遺体を棺から取り出し、顔や手に防腐剤を塗り、2〜3年に1回はバルサム液の水槽に1ヶ月ほど漬ける作業が必要となる。

その費用は莫大なものとなる。