人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

消息筋は咸興に住むコ・ソングク(53)氏の言葉を紹介し「私たちを最も助けてくれるものが、食べものと肥料だ。肥料とビニールの薄幕を今準備しなければ、今年は農業をすることができない」と語った。

これと関連し、統一部のある関係者は3日、「まだ北側から肥料の支援の要請を受けていない」と明らかにしており、当分対北肥料支援は困難であると思われる。

機関誌はまた、「2008年2月3日に、金正日の特別方針に従って、全国各地できのこの栽培とうさぎの飼育のため、慌ただしい」と伝え「これを主導することになる農業省も、全国の工場や企業所、単位などに、きのこの栽培とうさぎの飼育を督励し始めた」と明らかにした。

ある幹部は「うさぎに与える草がなくて、飼料の問題を解決することが最も急がれる。(以前)草を何でも食べさせたが、下痢をして死んだうさぎが多かった」と言い「毎年行って来たが、失敗を続けてきた事業をまたする理由が分からない」と愚痴をこぼした。

【関連記事】

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

【映像:単独入手】 北朝鮮で「生計型売春」が増加

「万景峰」と「ポルノ」とサイバー攻撃

「喜び組」に新証言「最高指導層の夜の奉仕は木蘭組」

    関連記事