北京オリンピックの聖火ランナーに、1966年のイングランドW杯でベスト8に進出した北朝鮮サッカー代表チームの英雄・パク・ドゥイク氏がが選ばれたと、中国・新華通信が21日に報道した。

北朝鮮側の聖火ランナーは56人が抜擢され、4月28日に平壌で北京オリンピックの聖火を持って走る予定であり、パク・ドゥイク選手が70歳の最高齢者であることが分かった。

はしご戦法でイタリアを撃破した北朝鮮

パク氏は1966年にイングランドW杯に北朝鮮代表として出場。グループリーグのイタリア戦で決勝ゴールを決め1-0で勝利。これによって優勝候補のイタリアは予選リーグ敗退し、北朝鮮は8強として決勝トーナメントに進出して全世界を驚かせた。

    関連記事