北朝鮮は10日、住民の思想的教養を担当する責任者の思想幹部大会を開催すると公表した。北朝鮮はこれまでも住民の思想武装を強化するための一環で同大会を開催してきた。そのため今回も金正恩の唯一的領導を強調するとともに、住民の忠誠心誘導を促す思想幹部の奮発を奨励することが予想される。
北朝鮮は今回の大会開催を伝える一方、思想幹部が具体的にどういった職責の人物なのかは明らかにしていないが、党の宣伝扇動と思想関連の幹部が参加するものと思われる。宣伝扇動分野の幹部には、学習・講演などの講師をはじめ、扇動員、5号担当宣伝員などがいる。
北朝鮮が最近、末端組織の分組長大会を開催したことを踏まえ、今回も末端の宣伝幹部が大会に参加する可能性が高いと脱北者らは推測する。北朝鮮軍内部の思想を担当する学習教員の参加も予想される。

脱北者らによれば、学習・講演の講師など、宣伝・扇動幹部は労働党宣伝扇動部傘下に所属する。即ち、各道や市郡の宣伝扇動部所属となり、一般住民と労働者、農民を対象に金正恩一族の偶像化及び党方針と路線を宣伝し扇動する。宣伝扇動部は金正恩唯一指導体系を貫徹させ、これを住民に注入、忠誠を誘導するうえで核心的な部署と評価される。
しかし宣伝扇動部は党の組織指導部に比べ実権がなく、幹部の間でも忌避する部署のひとつだ。郡党幹部の間では組織指導部に人事発令が出されれば「昇進」であるとするが、宣伝扇動部へのそれは「降格」とみなしていると脱北者らは説明する。そのため住民は宣伝扇動部幹部を無視する傾向にあり、国家配給なども劣悪で生活も立派とはいえない。
某高位幹部出身の脱北者は10日、デイリーNKに「市郡党幹部のなかでも最も権力がない部署が宣伝扇動部。そのためほとんどの幹部は宣伝部に長く勤務することを望まない。宣伝部幹部には賄賂がないか安価なものしか貢がれない。組織部幹部には高級な賄賂が渡される。宣伝扇動部署は幹部や党員の人事問題などの敏感な事案は扱わず、思想事業などに対する総和などのみが扱われる。そのため部長であっても住民からの関心はない。組織部や勤労団体部は人事問題を扱うため、下からの賄賂も多く受け取ることが出来る」と話した。

宣伝扇動部は最高責任者が部長で、副部長、指導員と続く。指導員は担当する指導単位に出向いては講演を行い、思想事業に対する結果などを視察、上部に報告する。指導員は宣伝員がきちんと党の方針を住民に宣伝し教育しているかどうかを点検し総和する。今回の思想幹部大会には主に末端の扇動員が参加すると思われるが、彼らの引率も兼ね模範的な宣伝単位の指導員が参加するものと予想される。
宣伝扇動部幹部への登用は主に金日成社会主義青年同盟幹部の中から行われるが、彼らは該当地域の党学校過程を終えた後、金日成高級党学校などを経て部署末端職責の指導員に配置される。各市道の指導員は担当区域や洞で、一般労働者や農場員のなかでも話がうまかったり党の方針を忠実に守る人物を対象に学習講師や講演講師、宣伝員、5号担当宣伝員を選抜し、宣伝扇動を行わせる。
  
労働党宣伝扇動部は宣伝指導部(第1部)、教養指導部(第2部)、扇動宣伝部(第3部)、出版報道・文化芸術部門指導部(第4部)など4つの部署に分かれ、その下は各道、市、区域・郡党組織に宣伝部門担当部署が置かれている。また朝鮮人民軍総政治局宣伝部を通し軍隊での宣伝扇動業務が指導され、軍幹部の思想が統制される。

    関連記事