北朝鮮は10日、住民の思想的教養を担当する責任者の思想幹部大会を開催すると公表した。北朝鮮はこれまでも住民の思想武装を強化するための一環で同大会を開催してきた。そのため今回も金正恩の唯一的領導を強調するとともに、住民の忠誠心誘導を促す思想幹部の奮発を奨励することが予想される。
北朝鮮は今回の大会開催を伝える一方、思想幹部が具体的にどういった職責の人物なのかは明らかにしていないが、党の宣伝扇動と思想関連の幹部が参加するものと思われる。宣伝扇動分野の幹部には、学習・講演などの講師をはじめ、扇動員、5号担当宣伝員などがいる。
北朝鮮が最近、末端組織の分組長大会を開催したことを踏まえ、今回も末端の宣伝幹部が大会に参加する可能性が高いと脱北者らは推測する。北朝鮮軍内部の思想を担当する学習教員の参加も予想される。

    関連記事