北朝鮮の金正恩の夫人、李雪主の淫乱映像の存在有無に対する関心が高まっている中、北朝鮮のエリート層を中心に1980年代から淫乱物を視聴する文化が拡散し、有名俳優の淫乱物が実際に存在するという主張が提起された。

在日本朝鮮人総連合会(総連)の内部事情に詳しい日本の某消息筋は7日、デイリーNKに「1980年代から日本で製作された淫乱物が北朝鮮に流入し始めた。当時、北朝鮮に出航していた万景峰号を通し人づてに北朝鮮に渡っていた。淫乱物を入手し北朝鮮に送る総連内の専門チームもいた」と語った。

芸術家のポルノ映像

この消息筋は、「こうして流入された淫乱物は当時、金正日を通してエリート層幹部を中心に拡散。そのうち金正日の側近エリートたちは淫乱物を楽しむ文化を形成していった」と説明。さらに次のように紹介した。(【関連記事】「万景峰」と「ポルノ」とサイバー攻撃)