K牧師は10日、デイリーNKに「5月、ラオスから脱北青少年9人が北朝鮮に送還されたが、脱北者らは依然として韓国行きのためにラオス経由でタイに入国している。5月末の脱北青少年送還事件直後の6月初めにも脱北者がタイに入国した。ラオスとタイを結ぶルートは健在」と伝えた。

彼はまた、「最近、タイに入国する脱北者が継続的に減少している。昨年の場合、ラオス経由でタイに入国する脱北者は週当り3、4チーム(1チーム当り4~8人)程度だったが、今年は1、2チームに減り、3月以降は一週間に1チームがいるかいないか。脱北者減少の理由はよく分からない。5月にタイ北部のメーサイにある収容所には脱北者が6人しかいなかった」と話した。

    関連記事