北朝鮮当局は戦闘動員態勢を発令するなど戦争ムード作りに余念がないが、住民はむしろ海外からの情報に興味を持つようになったと内部情報筋が伝えた。住民たちは、当局の言う「緊迫した国際情勢」への疑問点を韓国のラジオを聞いて解消しているという。

    関連記事