地デジへの切り替え後に北朝鮮の住民から相次いでいた「韓国のテレビが見れなくなった」という不満に韓国政府が対策を打ち出した。

韓国政府は最近、関係当局会議を開き、従来のアナログ方式で北朝鮮向けのテレビの送信を続けることにしたと、政府関係者が25日、明らかにした。

韓国のテレビ電波がアナログからデジタル方式に切り替われば、アナログテレビで韓国の放送を見ていた北朝鮮住民がテレビを見れなくなるという懸念があった。

政府関係者は「中国東北地方と北朝鮮の住民は、放送を通して韓国の情報を頻繁に入手してきた。デジタル方式に切り替わり情報が届かなくなることを配慮し、このように決定した」と説明した。