北朝鮮から日本車が姿を消している。2010年までは北朝鮮の道路を走る車のほとんどはトヨタ、日産、三菱、ホンダなど日本の自動車メーカーだった。しかし最近に入ってからは日本製の乗用車やバン(北朝鮮ではロングバン/long vanと呼ぶ)などをほとんど見かけなくなったという。

咸鏡北道清津の消息筋は30日、デイリーNKとの通話で「国防委員会が2010年に日本の乗用車を全てなくすよう指示してからは日本車やロングバンが見当たらない状況」だと話した。

廃車対象は日本製の乗用車、ワンボックスカー、1.5トン以下の貨物兼用バン。消息筋は「当局は今後1、2年以内に日本製トラックもなくす意向」だと付け加えた。