金正日国防委員長の長男・金正男氏が、2010年の延坪島砲撃事件について「韓国の不適切な対応が北朝鮮の攻撃をもたらしたと思う」と述べた。

月刊朝鮮が入手した金正男氏と東京新聞の五味洋治編集委員のメールの対話録によると、金正男氏は「韓国は攻撃を受けた際に戦争の拡大を恐れ、適切な対応を取れなかった」と語った。

続いて「北朝鮮は韓国のこのような弱点を知っており、いつでもどこでも同様の攻撃を加えられる」「北朝鮮は内部的には非常に不安定だ。韓国に砲撃を加えたことからもわかるが、軍事力が大きくなると思われ、後継体制が失敗した場合は、必ず軍が実権を握るだろう」と述べた。

金正男氏は改革開放が困難な理由について「北朝鮮当局が韓国との契約がある金剛山観光開発独占権を一方的に放棄したり、韓国の現代グループが作った金剛山施設を一方的に占有するような無知を続けて露呈したため、北朝鮮に投資する外国人は一人もいないだろう」と話した。

続いて「北朝鮮は国際社会の信頼を築くことが、経済の回復に役立つという認識を持ってほしい」と促した。

    関連記事