北朝鮮の金正日国防委員長の長男の金正男氏は、自らが後継者になれなかった理由について、「改革開放を進言したから」と語ったと、月刊朝鮮2月号が17日に報道した。

月刊朝鮮が入手、報道した、金正男氏と東京新聞の五味洋治編集委員とのメールの内容を見ると、金正男氏はスイス留学を終えて北朝鮮に帰国した後に、金正日氏に改革開放を進言している。

これまで、金正男氏が北朝鮮の後継者の座から滑り落ちた背景として、▲母親が正妻ではない▲日本で偽造パスポート入国が摘発された、などが取り沙汰されてきた。

この対話録で金正男氏は「父は私を留学に送ってから、非常に寂しがった。その後、突然に異母兄弟の正哲、正恩、ヨジョンが生まれると、(父の)愛情は彼らに注がれた。私が長年の留学で資本主義青年に変わったことを知った父は、弟らの海外留学期間を短縮させた」と明らかにした。

「私は機会があるごとに、(父に)率直に進言した。核実験、ミサイル発射実験に対する国際社会の懸念も進言した。今でも、住民の豊かな生活のために邁進するように、弟らの教育を行うように頼んでいる」と付け加えた。

この対話録によると、金正男氏は張成沢(チャン・ソンテク)氏や金慶喜(キム・ギョンヒ)氏とも良い関係を維持しているという。「私は今でも(叔父、叔母と)良い関係にあり、格別の愛を受けている。(二人の)特別な関心の中にある」と明らかにした。

また、金正男氏は「世襲は本人と金日成主席の業績を台無しにするとの理由から、父は反対していた」と伝えた。

また「中国政府が世襲を歓迎するというより、北朝鮮の内部の安定のために後継者を認めるだけである。3代世襲は世界の笑いもの」と述べた。

一方、金正男氏と五味編集委員の対話録は、今月20日に「父・金正日と私」というタイトルで日本で出版される予定だ。金正男氏は同委員に「適切な時期に公開してほしい」と要請したという。

    関連記事