また、金正男氏は「世襲は本人と金日成主席の業績を台無しにするとの理由から、父は反対していた」と伝えた。

また「中国政府が世襲を歓迎するというより、北朝鮮の内部の安定のために後継者を認めるだけである。3代世襲は世界の笑いもの」と述べた。

一方、金正男氏と五味編集委員の対話録は、今月20日に「父・金正日と私」というタイトルで日本で出版される予定だ。金正男氏は同委員に「適切な時期に公開してほしい」と要請したという。

    関連記事