人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は30日、韓国軍の「重要指揮拠点と作戦飛行場を焦土化することを想定した戦術核打撃訓練を実施した」と発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

訓練を行ったのは西部地区戦術核運用部隊で、「平壌国際空港から北東へ戦術弾道ミサイル2機を発射し、目標の島の上空の設定高度400メートルで空中爆発させて核打撃任務を正確に遂行した」という。

総参謀部は、今回の発射は米軍のB1B戦略爆撃機などを動員した米韓合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・シールド」に対処したものだとしている。

    関連記事