「今年もダメだ。すでに終わった」金正恩発言に国民も落胆

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

北朝鮮の金正恩総書記は、昨年末に開催された朝鮮労働党中央委員会第8期第6回総会拡大会議で、「多変的な情勢波動に備えて2023年度に強力に推し進めるべき自衛的国防力強化の新しい中核目標が提示された」として、軍事力をさらに強化する方針を示した。

これに対する北朝鮮国民の反応は、一言で言って「ウンザリ」というものだ。平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

(参考記事:「国防力強化の新たな中核目標を提示」党拡大会議で金正恩氏

国営メディアは元日、従来の金正恩氏の新年の辞に代わり、拡大会議の報告を大きく報じたが、それを見た国民らは「今年もダメだ。すでに終わった」と失望し、深い溜め息をついているという。国防力強化は、国民にさらなる耐乏生活を強いることに他ならないからだ。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

国民の最大の関心事は、核兵器やミサイルの開発やド派手なタワマン建設ではなく、食べ物をいかにして手に入れ生き抜くかということだけあって、何らかの対策が示されるのではと関心を寄せていた。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

ところが「敵対勢力の軍事的挑発」だの、「国防力強化の重要性」だの、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の新システム」だの、人民生活(民生)そっちのけの内容ばかり。多くの国民が「国防力強化という言葉を聞くだけで鳥肌が立つ」という反応を示しているという。

(参考記事:「ICBMの新システム開発、戦術核を大量生産」金正恩氏、党会議で指示

故金日成主席が「わが人民すべてが瓦屋根の家に住み、白米を食べて肉のスープを飲み、絹の服を着る豊かな生活ができるでしょう」と、1962年10月の最高人民会議第3期第1回で演説してから60年。しかし、それは未だに実現されておらず、さらなる耐乏生活を強いられるのかと、国民たちは不満を口にしている。

「(金正恩氏は)住民の食糧問題には関心がなく、核とミサイルにばかり気を取られているようだ。さもなくば、食糧問題で数十年間苦労している住民に向かって、核とミサイル開発にさらに力を注ぐなどとどうして言えようか」(情報筋)

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

また、絶糧世帯(食べ物が底をついた世帯)に陥って餓死する人や、路上のコチェビ(ホームレス、ストリート・チルドレン)が日々増えるのを目撃しているだけあり、「自分とは関係ないと思っていても、いつかはああなるかもしれないという恐怖心でいっぱい」(情報筋)だという。

(参考記事:北朝鮮で「老人コチェビ」が増加…生活苦で行くあてもなく

さらに、住宅建設を昨年以上に行うことについても、住宅難解決の喜びよりも、建設費や労働者への支援として様々な「税金外の負担」や勤労動員を強いられることへの心配が先立っていると、情報筋は述べた。

    関連記事