韓国の平和自動車が、北朝鮮との合弁で設立した企業で生産している自動車のフィパラム(口笛)の人気がかんばしくないと、ラジオ・フリー・アジア(RFA)が2日に報道した。価格が高く、実用性が落ちるという理由のためだ。

フィパラムは、1998年に平和自動車(本社は韓国ソウル市)が70%、北朝鮮が30%を出資して設立した南北合弁企業の平和自動車総会社(本社は北朝鮮の南浦市)が生産している。外国メーカーの技術を導入し北朝鮮で組み立てたこの自動車に対し、北朝鮮当局は異例の広告まで行って、購買を督励した。

統一教会傘下の企業である平和自動車は、収益よりは北朝鮮との経済協力と未来に発生する期待効果を考慮して、北朝鮮の自動車産業への投資を続けている。
フィパラムは2002年の生産開始当初、イタリアのフィアット・シエナのライセンスを受けて製造を行っていた。それ以降は中国の自動車会社と協力し、新型車を製造し、国内向けに販売している。

RFAは「当初はフィパラムへの関心が高かったが、価格が高く実用性に欠けるため人気が落ちた」「北朝鮮は、フィパラムを売るために、帰国者(北朝鮮に渡った在日朝鮮人)らだけが所有できるようにしていた自家用車を、一般人でも所有できるように幅を広げた」と伝えた。

また、車を買う人には外貨の出所も問わず、各種の税金の恩恵を与え、自動車のナンバープレートを保安署(警察署)が直接設置するなど優待政策を用いたという。

北朝鮮の消費者の反応がかんばしくないのは、フィパラムと比べ価格が安い日本製のワンボックスカーがより有用であるためだという。フィパラムは1万ドルほどするが、日本製中古車は3000〜5000ドルと低価格で、商売のために荷物を積むのにも良いとRFAは伝えた。

    関連記事