サッカー日本代表チームが22年ぶりに北朝鮮で試合を行う為に平壌入りしたが、アウェーの洗礼を受けた。

14日、北京からのチャーター便で午後3時に平壌順安空港に到着した日本代表チームは、4時間以上の入国手続きを強いられた。また、空港で待機中に3度も停電が発生した。

スポーツ競技のために入国する遠征選手団は、一般的には簡素な入国手続きが慣例となっている。

スポーツ報知によると「今年8月に日本が北朝鮮選手団の入国で複雑な手続きを行った事への報復だ」と報じた。日本は北朝鮮代表チームを2時間かけて入国手続きを行った。

    関連記事