人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の管理所(政治犯収容所)に収容されている人の人数が、昨年7月と比べて2万人以上減少したことが、デイリーNKの内部情報筋が提供したデータで明らかになった。

以下は、各管理所の収容者数の統計だ。

北朝鮮の各管理所の収容者数(データ提供:デイリーNK内部情報筋)
北朝鮮の各管理所の収容者数(データ提供:デイリーNK内部情報筋)

情報筋は、14、17、18号管理所では医療体制が整っておらず、コロナのみならず、汚染された水や食べ物で感染する腸チフスやコレラなどで、収容されて間もない人たちが次々に亡くなったことが、収容者数の大幅減少につながったと証言した。

今年4月には、収容者の数が増えているとの情報があったが、わずか数ヶ月でその多くが死んでしまったということだろう。

(参考記事:「収容所半島・北朝鮮」総人口の約1%が政治犯収容所に

また、劣悪な労働環境が死を招いているとも語った。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「16号管理所では、老朽化した坑道が崩落し、数百人が生き埋めになる事故が起きた。事故が起きたこれらの坑道には、まともな支柱もなく、(素掘りの穴を)這って進むような構造になっている」(情報筋)

なお、勝湖里(スンホリ)管理所の収容者数がゼロになっているのは、特権層を収容する労働鍛錬隊(刑期の短い収監者用の刑務所)に変わったためだ。

(参考記事:「外国人に知られるな」金正恩がひた隠す”危ない施設”

さらに、情報筋も収容者の数を把握できていない平山(ピョンサン)管理所では、脱走事件が起きたとも述べている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「今年4月、収容者の男性2人が脱走し、48時間後に沙里院(サリウォン)市内で捕らえられたが、この事件で黄海北道(ファンヘブクト)全体が大騒ぎになった」(情報筋)

管理体制に問題があったとして、管理所の所長が処罰を受け、別の教化所(刑務所)の課長に左遷された。新しい所長に就任した元の副所長は、捕まえた2人を丸太の柱に吊るして、他の収容者に石を投げさせる形で処刑したとのことだ。

(参考記事:北朝鮮「令嬢カップル」を公開処刑…許されざる”二つの罪”

また、脱走のことを知りつつも隠したとして、60人あまりを拷問にかけ、懲罰課題計画(ノルマ)の遂行で誤ちを洗い流せと、収容者360人を極めて過酷な労働に駆り出し、栄養失調などで多くの死者が発生したとも伝えている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

管理所に収容された人々は、すべての権利を奪われた状態で、強制労働で酷使される。釈放が許されない完全統制区域であろうが、釈放の可能性がある革命化区域であろうが、死ぬまで労働力を搾取される点では変わりない。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

    関連記事