北朝鮮の若者の間で「韓流」が人気でマルチメディア機器の使用が広まる中、平壌の上流層の間でアップル社のiPadが最先端の流行になっているという。

現在、平壌の若者が最も多く利用するメディア機器は、MP4、DVD再生機器(USB兼用)といわれている。しかし、平壌の中心地のであるチャングァン通りでiPadを使用している若者が目撃されたとの証言もある。

1年に2〜3回平壌を訪問する中国人実業家は6日、丹東で記者とのインタビューで「平壌でノートPCが主流となり、iPadを持っていなければ富裕層としての扱いを受けれない。中国の価格よりも30%も高い高いが、子供のために持って来て欲しいと平壌の知人から頼まれている」と話した。

続いて「平壌のチャングァン通りでiPadを使用している北朝鮮の若者を目撃したが、保安員がこれを制止せず、若者も取り締まりを全く意識していない様子だった。外国人が多く訪れる場所なので、自由で洗練されたイメージを植えつける政策ではないか」と述べた。

    関連記事