人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7月2日から6日にかけて朝鮮労働党の各級党委員会組織部党生活指導部門活動家の特別講習会が首都・平壌で行われたと伝えた。特別講習会は、金正恩総書記が指導した。

金正恩氏が労働党特別講習会を指導した(2022年7月7日付朝鮮中央通信)
金正恩氏が労働党特別講習会を指導した(2022年7月7日付朝鮮中央通信)

同通信によると、同部門の特別講習会が行われるのは今回が初めて。「党組織部党生活指導部門活動家に付与された党的責任の重大さを正しく刻み付けてやり、現時期の党生活指導を改善する上での課題と方途を正確に認識させて全党の強化と社会主義建設をより確実に進捗させるため」だという。

講習会には、労働党中央委員会政治局常務委員会委員の趙甬元(チョ・ヨンウォン)組織書記と労働党中央委員会の李日煥(リ・イルファン)書記、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の鄭京擇(チョン・ギョンテク)総政治局長、党中央委員会組織指導部の各副部長、道、市、郡党委員会と党委員会、北朝鮮軍各級政治部の活動家らが出席した。

金正恩氏が特別講習会の開講を宣言し、結語を述べた。

金正恩氏は、「党生活の指導は党活動で基本であり、各級党委員会組織部党生活指導部門を通じて活動家と党員の党生活を指導する体系は全党を動かし、党の指導力と戦闘力を強化するための党中央の基本領導線、基本指導線である」と述べた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、「党組織に対する党中央の指導を保障し、わが党を基礎と基層がしっかりした組織的全一体につくり、大衆を党の政策貫徹へ動員するに当たって党生活指導部門の責任ある使命と役割の重要性は革命が前進するほどより浮き彫りにされている。党を強化するには党組織部がいつも旗印を掲げるべきであり、その旗手はまさに党生活指導部門の活動家がなるべきであるということが、わが党の建設で掲げる要求、原則である」と強調した。

一方、「現時期、党組織部党生活指導部門の活動が党中央の要求と意図に追いついていない実態とその原因を詳細に分析し、わが党特有の党生活指導体系を絶えず強化する上で党生活指導部門が課された任務と機能と役割を果たすようにこの部門の活動家を再武装させ、彼らの政治的・実務的資質と政治意識を向上させようということが今回の特別講習会を催した党中央の目的であり、わが党の強化において早急に解決すべき最も重要な核心問題である」と述べた。

金正恩氏は結語で、「党生活指導部門活動家の基本任務と党生活の手配と指導において堅持すべき主要4大原則と6大課題」を宣明した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

その後、趙甬元氏が活動総括報告を提起し、討論が行われ、金正恩氏がの閉講の辞を述べた。

金正恩氏は、「革命のために、人民のために自分の全てをささげることを厳かに盟約した革命家であるわれらの党活動家がその重大な歴史的使命と本分を自覚し、献身性を発揮し、責任と役割を果たしていく時、いくら条件と環境が不利であっても大衆の信念と意気込みは百倍に強まるであろうし、社会主義建設の全般で飛躍を遂げ、奇跡が生み出されるようになるであろう」と述べた。

    関連記事