人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

わが党の人民大衆第一主義理念とチュチェ建築の飛躍的発展ぶりが凝縮した平壌の新しい景観
金正恩総書記が普通江川岸段々式住宅区の竣工式に出席して竣工のテープカット

【平壌4月14日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第8回大会が示した雄大な国家繁栄の青写真に従って、朝鮮式社会主義の文明発展を先導する記念碑的建築物が絶えず建設される中、首都の風致に富む普通江のほとりに特色ある段々式住宅区が建設された。

金正恩が普通江川岸段々式住宅区竣工式でテープカットを行った(2022年4月14日付朝鮮中央通信)
金正恩が普通江川岸段々式住宅区竣工式でテープカットを行った(2022年4月14日付朝鮮中央通信)

平壌にもう一つの大変革を成して完工した普通江川岸段々式住宅区は、わが人民に世にうらやむもののない最上の物質的・文化的福利を与えることを宿願事業とする党中央の人民大衆第一主義理念とチュチェ建築の発展戦略が凝縮した新時代の誇るべき創造物である。

人民の笑いと幸福を国力評価の基準とする敬愛する金正恩総書記は、われわれの建築発展において新しい跳躍台となる豪華住宅区を建設して、国の富強・発展に寄与した功労者に与えるために普通江川岸段々式住宅区の建設を発起し、自ら設計家、建設主、施工主になって建設の全過程を直接手配し、指揮した。

偉大な党中央の指導の下、都心の由緒深いうってつけの場所に造形化と芸術化、実用性と便利性が最上の水準で保障された段々式住宅区が建設されたことで、住宅建設の新しい手本、社会主義の新しい文明を享受する人民の幸福の別天地がもたらされた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

普通江川岸段々式住宅区の竣工(しゅんこう)式が4月13日、盛大に行われた。

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、竣工式に出席した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の趙甬元組織書記、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である金徳訓内閣総理が、竣工式に出席した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮労働党中央委員会の李日煥書記、平壌市党委員会の金英煥責任書記、朝鮮労働党中央委員会の李煕用第1副部長と党中央委員会の活動家、省、中央機関と首都の党、政権機関、施工単位の活動家、建設者、瓊楼(キョンル)洞に入居する功労者と家族、平壌市民が参加した。

敬愛する金正恩総書記が竣工式場に到着すると、花火が打ち上げられ、嵐のような「万歳!」の歓呼の声が4月の春の空を震撼した。

全ての参加者は、人民に対する偉大な愛と崇高な奉仕精神を身につけて不眠不休の労苦を費やし、心血を注ぎながら、わが祖国を強大で文化的な人民の第一強国に輝かせていく敬愛する金正恩総書記を仰いで熱狂の歓呼の声を上げた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮民主主義人民共和国の国歌が、荘重に奏楽された。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の趙甬元組織書記が、竣工の辞を述べた。

趙甬元組織書記は、偉大な領袖の体臭と息がそのまま生きている聖なる敷地に、党中央の崇高な人民観が凝縮した世界最高の社会主義繁華街が建てられた大きな感激に言及し、勤労の汗と愛国の良心を千万金より重んじ、勤勉な努力で党と国家を支えている人民に最上の文明を真っ先に享受させようとするのは党中央の確たる意志であり、わが共和国政府の一貫した政策であると強調した。

そして、普通江川岸段々式住宅区の完工は、わが人民のみんなが文化的で幸せな生活を享受するその日が決して遠い未来のことではないということを直観的に示しており、自分の手で自分の国を美しく築いていく全人民的な愛国熱と創造的喜悦をいっそう高調させていると述べた。

趙甬元組織書記は、瓊楼洞の主人らが今日の感激を永遠に刻み付けて国の宝、集団の先駆者としての誉れ高い生を引き続きつないでいかなければならないと述べ、その名も美しい瓊楼洞が清潔な良心と燃える熱情で祖国を支える真の愛国者の洞として末永く称揚されるものと信じると強調した。

敬愛する金正恩総書記が、竣工のテープカットを行った。

瞬間、とどろく「万歳!」の歓呼の声が響き渡る竣工式場に花火が打ち上げられ、数多くのゴム風船が飛び立って労働党時代の新しい伝説が生まれた普通江のほとりの上空を美しく飾った。

いつも愛する人民を心の中に抱いて人民のために渾身をささげて文明富強な強国の新世界、新時代を確信に満ちて開いていく金正恩総書記の思想と指導に一意専心で従う道で、全ての勝利と栄光、誉れ高い生と明るい未来を迎えるという全ての参加者の鉄石の信念と意志が激情の歓呼になって噴出した。

敬愛する金正恩総書記は、熱狂の歓呼を上げる大衆に手を振って温かく答礼した。

勤労する人民の愛国の熱情と誠実な努力を最も誉れ高く推し立てる敬愛する金正恩総書記のこの上ない恩恵が家々にこもっている瓊楼洞に偉大な人民愛の心温まるシーンが広げられた。

敬愛する金正恩総書記は、歓呼の声を上げる人々の中に立っている朝鮮中央放送委員会のリ・チュンヒ、チェ・ソンウォンの両責任アナウンサーと労働新聞社のトン・テグァン論説委員をはじめとする功労者に会って温かく祝った。

金正恩総書記はあまりにも素晴らしい住宅をもらって感謝のあいさつをささげるリ・チュンヒ・アナウンサーの手を親しく取って、彼女が暮らすことになる瓊楼洞7号棟に向かった。

指導者と戦士間の血縁の情溢れる不滅のシーンが広げられる中、限りなく上がる激情の歓呼によって普通江のほとりはいっそう熱く熱した。

金正恩総書記はリ・チュンヒ・アナウンサーの家を訪れて家族部屋をはじめとする居間をいちいち見て回りながら、家族の所感を肉親の気持ちで情け深く聞いてやり、高齢の彼女が家の中の階段を上り下りしながら不便な点がないかを細心に気遣って温情に富む措置も講じた。

全ての生活上の便宜が最上の水準で保障された素晴らしい住宅がまるでホテル見たいだ、党の恩恵があまりにもありがたくて家族みんなが感激の涙で夜を明かしたという老アナウンサーの遠慮のない話も喜びの中で聞いた。

金正恩総書記は、娘盛りの時から今日に至る50余年間、党が与えた革命のマイクとともに高潔な生をつづってきたリ・チュンヒ・アナウンサーのような国の宝のためなら惜しいものがないというのがわが党の真心であると述べ、80を控えた年にも相変わらず青春時代の気迫と熱情でわが党の声、チュチェ朝鮮の声を全世界に発していると、彼女の功労を高く評価した。

金正恩総書記は、わが党が誇りとして推し立てている長期間勤めた女性アナウンサーたちは、党の政策と国策、偉大なわが国家の地位を世界に知らせるとても重要な仕事をしていると述べ、火のような情熱で放送活動において引き続き成果を収めるとともに、われわれの放送の未来を担っていく後進の育成においても一翼を担うべきだ、この責任ある仕事を頼むとの大いなる信頼の言葉を述べた。

金正恩総書記は、リ・チュンヒ・アナウンサーが老いてますます盛んになり、今後も党中央の代弁人らしく放送活動を活力に満ちて行っていくとの期待を表明し、彼女の家族とともに代をついで末永く伝えるべき恩情のこもった記念写真を撮った。

金正恩総書記は、続いてチェ・ソンウォン・アナウンサーとトン・テグァン論説委員の家を訪ねて、彼らの家族を温かく祝ってやり、家族の情溢れる愛のシーンを残した。

金正恩総書記は、激情の涙を流して感謝のあいさつを重ねてささげる新居の主人らに、人民のための無条件的な奉仕を党風としているわが党にとって、人民の世の中という言葉はいかなる標語ではなく、自分の主権を自分の手でしっかり支えるわが人民はこの地の全ての文明と幸福を当然、享受すべき堂々たる主人であると述べた。

金正恩総書記は、意義深い太陽節を機に、主席の息と体臭が宿っている敷地に建設された人民の豪華住宅区を竣工してみると、主席に対する思いがいっそう募ると胸熱く述べた。

金日成主席の子孫らが主席の志通りに生きるのはしかるべき道理であり、崇高な義務であると述べ、わが党は主席の念願通りにしただけだ、おそらく今日、主席が自身の邸宅が撤去された代わりに、その場所に愛国者、功労者の幸福あふれる住まいが築かれたのを知れば満足なさるであろう、一生、それほど愛した人民を温かく抱いたようなので本当にお喜びなさるであろうと切々と語った。

敬愛する金正恩総書記は、離れたくなくて一歩一歩ついてくる功労者らの手を温かく握って彼らの将来を重ねて祝福してやりながら、また時間を出して必ずやって来るという恩恵深い約束をした。

竣工式に続いて、瓊楼洞で住むことになる功労者と家族、市内の勤労者は、住宅を見て回った。

全ての生活条件が最上の水準で整っている宮殿のような住宅を驚嘆の中で見ながら彼らは、人民の幸福のための建設を文明の未来を創造していく百年の計の愛国事業とする党中央の崇高な志と恩恵がどんなに温かくて大きいのかを全身で痛感した。

彼らは、わが党と国家特有の主体的で人民的な性格と朝鮮式の固有な趣と特色、近代建築の発展すう勢を立派に反映した住宅区で、偉大な党の指導の下により輝かしく変貌する祖国の明日に対する確信を抱いた。

偉大な金正恩時代を象徴する平壌の新しい景観である普通江川岸段々式住宅区は、人民を天のごとく奉るわが党の人民大衆第一主義理念と自力の強い力で前進、飛躍する社会主義朝鮮の剛勇な気概を誇示し、朝鮮式文明の創造物として光り輝くであろう。---

    関連記事