人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮で外貨の両替は、国営の銀行で行うことになっている。だが、それはあくまでも建前。銀行に行く者は誰もいないだろう。1ドル(約115円)は闇両替商で両替すると6000北朝鮮ウォン強になるが、銀行で両替するとそれに遥かに満たない公式レートで返ってくるからだ。それ以前に、北朝鮮国民が自由に外貨を両替することは許されていない。

各地に存在する闇両替商だが、その実態についてはほとんどわかっていないものの、その一端がうかがえる事件が起きた。平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

事件が起きたのは2月初め。中央から派遣された取り締まり班が、新義州(シニジュ)市内の民家を急襲した。その家には40代女性が住んでいたが、闇両替商や様々なビジネスを営んでいた。

家宅捜索の結果、なんと8000万ドル(約91億8000万円)もの現金が発見されたと情報筋は伝えている。昨年の北朝鮮と中国の貿易額の総額が3億1800万ドル(約365億円)であることを考えると、とんでもない額の外貨が取り引きされていたということになる。

しかしこれは、にわかには信じがたい数字だ。仮にすべて100ドル紙幣で持っていたとしても、その数は80万枚にもなる。中国の100元紙幣ならその6倍超だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

日本円の1万円札が80万枚なら額にして80億円だ。1万枚(1億円)のサイズは大きさは横38cm、縦32cm、高さ約10cmになり、重さは約10kgだ。

人民元や少額の米ドル紙幣が混在していれば、これよりずっと大きくなるわけだが、ちょっと想像がつかないサイズ感だ。北朝鮮ではなく、中南米などの麻薬カルテルの話かと思ってしまう。

仮に8000万ドルという数字が事実なら、おそらく個人単位のみならず、外国企業と貿易を行っている企業所との取り引きも行っていたものと思われる。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

当局は昨年末、貨幣の代わりに流通させている「トンピョ」の流通を妨害した容疑で、複数の両替商を逮捕しているが、今回の逮捕は外貨流通秩序の立て直しが目的かもしれない。

(参考記事:北朝鮮の両替商たちを待ち受ける「緩慢な処刑」の残酷な日々

この女性は、保衛部(秘密警察)とのコネを利用して、中国との取り引きに必要な外貨を両替し、高額の手数料を受け取っていたという。

女性は何らかの処罰を受けたとのことだが、その内容は明らかになっていないと情報筋は伝えている。通常より重い処分を言い渡された可能性もあれば、軽い処分で済まされた可能性もある。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

(参考記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

これだけの財力があれば、買収できる人間も多いはずだ。処罰がどのような結果になったにせよ、それは金正恩総書記の独裁権力と、彼女の財力の「勝負の結果」であったはずだ。

(参考記事:数百円で量刑を3分の1にできる北朝鮮の司法制度

一方、この闇両替商と協力関係にあった華僑2人も、中国の公安当局に逮捕されていることから、単なる外貨闇両替だけではなく、覚せい剤密輸など何らかの犯罪行為に関わっていたことが考えられる。

    関連記事