人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

和盛地区1万世帯住宅建設の着工式
金正恩総書記が着工式に出席して意義深い演説を行う

【平壌2月13日発朝鮮中央通信】全国の人民が、金正日総書記の生誕80周年を革命的大慶事として迎えるという高い革命的熱意と労力的献身性で充満している中、首都平壌で新たな1万世帯住宅建設の砲声が再び響いた。

朝鮮労働党第8回大会が示した平壌市5万世帯住宅建設構想と党中央委員会第8期第4回総会の決定に従って、和盛地区1万世帯住宅の建設が開始される。

朝鮮労働党が連続的に、果敢に展開する住宅の建設は、この地で人民の尊厳が誇示され、幸福が全面的に実現される繁栄強国の新しい国づくりを早めることに全てを服従、志向させる偉大な党の人民大衆第一主義理念と頑強な実践力のはっきりした誇示である。

和盛地区1万世帯住宅建設の着工式が2月12日、盛大に行われた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

荘厳な建設大戦が開始される着工式場は、党の新たな建設革命大綱を体して党大会が決定した最も張り合いのある誇らしい事業で根気強く偉勲を立てることで、わが党の宿願を立派に現実化し、朝鮮式社会主義の文明発展を力強く先導する軍民建設者の戦闘的熱意で沸き返っていた。

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、着工式に出席した。

金正恩総書記が着工式場に到着すると、全ての参加者は祖国と人民、革命に対する偉大な使命感を身につけて、鉄の信念と千里眼の英知、必勝の指導力で文明的、かつ富強な強国の明日、目覚しい変革の新しい国を築いていく金正恩総書記を仰いで熱狂的な「万歳!」の歓呼の声を上げた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である趙甬元、金徳訓の両氏と党中央委員会の書記である李日煥、呉秀容の両氏、パク・フン内閣副総理をはじめとする党と政府の幹部と内閣、省、中央機関、平壌市内の活動家が着工式に出席した。

李永吉、金正官の両氏をはじめ、武力機関の活動家が出席した。

着工式が宣言されると、朝鮮民主主義人民共和国国歌が荘重に奏楽された。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩総書記が「和盛地区の大変革によって首都建設の大繁栄期を一層輝かそう」という意義深い演説を行った。

金正恩総書記は、今日、新たな勇気と確信に満ちてわれわれの首都に今一つの変革の時代を象徴する人民の新しい通りを建設するための着工式を行うことになった喜びを披歴し、党中央委員会第8期第4回総会の決定を高く掲げて、和盛地区1万世帯住宅建設の着工を盛大に行うことによって、厳かな2022年度の闘争の序幕を開いている首都建設者と人民軍将兵を党中央委員会と共和国政府を代表して熱烈に祝った。

金正恩総書記は、今年の建設部門の最も主なる課題の一つである和盛地区1万世帯住宅建設は、昨年から始まったわが党の宿願事業である平壌市住宅展望目標遂行の2度目の工事であると同時に、この地区に新しい近代的な都市区画を形成するための第1段階の建設であることについて述べた。

金正恩総書記は、昨年、不屈の闘志、粘り強い努力によって、平壌の東の関門である松新・松花地区に1万世帯の素晴らしい街を建設することで、第8回党大会の決定貫徹の2年目に計画通りに和盛地区の住宅建設を推し進められる確実な成果と保証をもたらした軍民建設者の偉勲を高く評価した。

金正恩総書記は、和盛地区で展開される1万世帯分の住宅建設で高揚した闘争意欲と攻勢的な前進の気概が強く発揚され、より固い確信を与え意義のある大きな成果が収められるとの確信を表明するとともに、今年の大建設戦闘を強力に、用意周到に展開する上で提起される課題と方途を提示した。

金正恩総書記は、全国的範囲に広がっている大建設戦線で和盛地区1万世帯住宅建設は最も先行すべき基本戦域であることを明らかにし、党の建設政策を完璧かつ徹底的に実行する上で和盛地区に展開された建設部隊が当然先頭に立ち、全ての建設戦域のモデルになって聖なる建設大戦に知恵や熱情、闘志を惜しみなくささげるとの期待を表明した。

金正恩総書記が情熱あふれる演説を終えると、全ての建設者は朝鮮式社会主義発展の偉大な新時代のために、われわれの平壌のために、大変革を遂げた住まいとともに開花する人民の幸福のために限りない思索と労苦をささげている総書記の崇高な志を体して、不屈の強靭さと尽きない創造精神で和盛地区に社会主義繁華街をこれ見よがしにうち建て、首都建設の全盛期をつないでいく鉄石の意志にあふれて嵐のような「万歳!」の歓呼の声を上げた。

着工式では、党にささげる決意文を金正官氏が朗読した。

金正官氏は、チュチェの最高聖地、錦繍山太陽宮殿地区をわが国の社会主義文明の中心に転変させる雄大な構想を示し、聖なる激戦場に呼んでくれた党の大いなる信頼を受けた全ての建設者の非常に激昂した熱意について述べた。

また、錦繍山周辺一帯を立派に整えるのが金日成主席の子孫、金正日総書記の戦士、教え子の当然な道理、義務であることを心に刻み付けた強力な忠誠の隊伍は、全国の人民が期待し、世界が注視する和盛地区で党の時間表通りに、偉大な金正恩時代を堂々と代表することができ、わが党の理想が凝縮された人民の財宝、モデルの創造物を必ずうち建てると確言した。

決意文では、金正恩総書記が直接授与した平壌市5万世帯住宅建設指揮部の旗を闘争と前進の旗印にはためかせ、忠誠の大激戦場で新しい和盛速度、和盛神話を生み出すという全ての建設者の確固不動の意志が表明された。

全ての軍民建設者は、勝利の確信を持って総突撃して和盛地区の大変革をもたらすことで、わが人民を絶対的に奉る党の雄大な構想がどんな奇跡を生み出すのかを全世界に力強く誇示するということを党の前で厳かに誓った。

和盛地区1万世帯住宅建設の着工を知らせる発破の爆音が、二月の空を揺るがせた。

壮快な雷鳴の音に続いて、着工を祝う花火が次々と打ち上げられ、歓呼の声が天地を震撼させた。

和盛地区の建設で労働党時代の繁栄と発展の新しい歴史を作っていく張り合いのある創造者、誇り高い開拓者としての栄誉と気概をあまねく宣揚するという軍民建設者が叫ぶ決死貫徹のスローガンと誓いの喚声が着工式場にこだました。

金正恩総書記は、党の志と意志を熱血の心に刻み付け、偉大な朝鮮労働党の戦闘的威力と社会主義朝鮮の革命的気概を誇示する大建設闘争に再び総決起した頼もしい軍民建設者を胸熱く激励した。

和盛地区1万世帯住宅の建設は、偉大な党の指導に従って社会主義の明るい未来に向けて勢いよく前進するわが人民の強い愛国的情熱と並々ならぬ創造精神、雄大な目標の実現へと勇んで進むわが国家の発展ぶりと潜在力をはっきり実証することになるであろう。---

    関連記事