人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の国防科学院と第2経済委員会などは30日、中距離弾道ミサイル「火星12」の検収射撃試験を行った。朝鮮中央通信が伝えた。

検収射撃試験は、量産・配備された兵器を抜き打ちで試射し、システムの正確性を検証するもの。同通信によれば、「国防科学院は、周辺国家の安全を考慮してわが国の北西部地区から朝鮮東海上に向けて最大高角発射システムで射撃試験を行った」という。

韓国軍合同参謀本部の30日の発表によれば、ミサイルは慈江道(チャガンド)一帯から朝鮮半島東の海上に向けて発射され、飛行距離は800キロ、高度は2000キロに達したという。

同院は、弾頭に装備したカメラで宇宙空間から撮影した地球の画像も公開した。同院は検収射撃試験により、「生産される『火星12』型兵器システムの正確性と安全性、運用の効率を確認した」としている。

    関連記事