人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

2020年1月のコロナ鎖国以降、北朝鮮国内では食糧や生活必需品の不足が深刻化している。人々は生き抜くために、勤め先の工場や行政機関などの備品、設備などを盗んで売り払い、食べ物に換えている。

窃盗の理由はそればかりではない。上からの圧力に耐えかねた末の犯行も少なくないのだ。

(参考記事:北朝鮮の鉱山で食糧配給が全面中断「ネコババ」で食いつなぐ労働者

「物資と設備の泥棒が増えて社会が混乱している」と述べた平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、最近起きた窃盗事件について伝えた。これは、自分が食べていくための窃盗とは性格を異にする。

道内の平原(ピョンウォン)郡の水産事業所に所属する船長は、不足する網といかだを手に入れるために、他の水産事業所に忍び込み、網と大型のいかだ28艘を盗み出した。被害総額は2700万北朝鮮ウォン(約64万8000円)。それを自分の船に積み込み、残りは売り払って酒と肉を買い込んだが、結局は逮捕され、法的処罰を受けた。

(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ただし、具体的にどのような処罰を受けたのかはわかっていない。ちなみに北朝鮮の刑法91条は、国家および社会協同団体の財産を盗んだ場合は1年から9年以下の労働鍛練刑(懲役刑)に処すと定めている。

今回の事例は、個人が食べていくために勤め先の財産に手を付けたのではなく、勤め先のノルマを達成するためのもので、この手の犯罪も多発している。国から得られるはずの備品が得られず、ノルマを達成せよとプレッシャーばかりかけられるからだ。

情報筋は「最近、他の船からエンジンを盗み出す事件も発生した」として、「盗賊が(1990年代の大飢饉の)苦難の行軍を彷彿とさせるほど多い」と嘆いた。

(参考記事:窃盗が多発する北朝鮮、今度のターゲットは「稲の苗床」

    関連記事