最近、北朝鮮にポルノビデオが沢山流入しているという。そうしたCD1枚を1時間借りて見るのに2000~3000ウォンだという。

中学生の子供達も、互いにお金を出しあってこうしたCDを回し見して、自慢もしてはばかりなく話しているそうだ。

私にはポルノのせいで、一緒に中国まで脱北した友達と別れた、胸が痛む思い出がある。氷ったご飯の塊をちぎって食べながら、友達のシン・ヨニルと一緒に中国に入ったのは2003年12月のことだった。

そこまで目標を決めて行ったわけではなかった。寒い冬に住む所がなかった私たちは、仕事をくれるという人に小さな農村で会った。

主人は村から5里ほど離れた山幕に私たちを案内した。そこで私たちは薪を割る仕事をした。主人という人は5日に1度ずつ車に乗って来て、木を運んだ。その度に米とおかずを少しずつ持って来てくれた。

幹部たちの「遊びの相手」

私たちの唯一の希望は小型ラジオだった。電気もない山幕で、一晩中ラジオで韓国の放送を聞き、いつかは必ず韓国に行こうという希望を抱いた。

    関連記事