人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮で14日、平安北道(ピョンアンブクト)鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練が行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の指揮メンバーと国防科学院の指導幹部が、訓練を指導した。今回の訓練の目的は、「鉄道機動ミサイル連隊の戦闘員の戦闘準備態勢を検閲し、火力任務の遂行能力を高めること」だと同通信は伝えた。

同通信によれば、「鉄道機動ミサイル連隊は14日午前、総参謀部から不意に火力任務を受け付け、指摘された発射地点に迅速に機動して2発の戦術誘導弾で朝鮮東海上の設定された目標を命中打撃した」という。

また訓練後、「全国的な鉄道機動ミサイル運用システムを正しく立てて朝鮮式の鉄道機動ミサイル戦法をいっそう完成するための方途的問題が討議された」と同通信は伝えた。

    関連記事