犯罪者4倍増…北朝鮮を悩ませる「やり過ぎ」金正恩命令

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

韓国軍合同参謀本部は17日、北朝鮮が同日、朝鮮半島東の海上に向け未詳の飛翔体を発射したと発表した。弾道ミサイルの可能性が高いという。北朝鮮のミサイル発射は今年に入りすでに4回目だ。久しぶりの軍事示威と言えるが、その一方で国内では、治安面に問題も見られる。

北朝鮮当局は金正恩総書記の厳命を受け、韓流視聴、違法携帯電話の使用など反社会主義、非社会主義行為の集中的な取り締まりを、中国との国境に接した地域を中心に1年以上続けている。その結果、犯罪者が量産される状況となっている。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると今月6日、咸鏡北道検察所で、平壌の中央検察所(最高検察庁)からやってきたイルクン(幹部)2人、道、市、郡の検察所、安全部(警察署)、保衛部(秘密警察)のイルクンが集まり、会議が行われた。

その場で明らかにされたのは驚くべき数字だ。2019年と2021年を比較して、安全部に逮捕された人の数が4倍に増加したというのだ。

(参考記事:有名女優も処刑…北朝鮮「性録画物」摘発で死屍累々

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「国境に接する会寧(フェリョン)や茂山(ムサン)では、2軒に1人は逮捕者がいるほど」(情報筋)

前述の通り、反社会主義、非社会主義行為の取り締まりが強化された結果にほかならない。ちなみに別の情報筋によると、同じ咸鏡北道で、2020年末から2021年末までに処理された犯罪のうち、最も多かったのが、反動思想文化排撃法違反、つまり反社会主義、非社会主義行為を行った容疑で、全体の4割を占める。

(参考記事:犯罪者の4割は「韓流ドラマを見た、売った」…北朝鮮の極秘統計

地域住民の不満が高まっていることは言うまでもないが、今回の会議では処罰の水準を下げることが議論された。具体的には、国の政策に忠実に従った結果、間違いを犯したり、困難な部門で朝鮮労働党の政策の貫徹のために頑張ったものの、意図せず事故を起こした者を、一般の犯罪者と同じように扱う現象を克服しようというものだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

司法機関のイルクンは、一般の犯罪と業務上過失とがきちんと区別されるように、政治的判断を深め、視野を広げることが求められた。中でも検察所のイルクンに対しては、安全部の捜査記録を書類だけで判断するのではなく、容疑者の人となり、普段の働きぶりなどの把握を怠ってはならないと指摘がなされた。

これに付け加えて、中央検察所のイルクンはこのように述べたとのことだ。
「われわれは人を殺そうと法的度数(処罰のレベル)を上げているのではない」
「すべての人民を法的に処罰して、少数の忠誠心の高い幹部だけで共産主義社会になれるだろうか」
「社会主義の法律はすべての人を導いて、皆で共産主義社会を達成しようというのが目的なのだ」

また、韓流映像の視聴などで摘発されるのは若者が多いことから、彼らの思想的動向を把握し、厳罰に処すばかりではなく、時間をかけて思想的動向をよく見て、積むべき芽と育てる芽を分けて、後者には教養改造(思想教育)を施すように見極めるのが、司法機関のイルクンとしての役割だと強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

先日、韓国映画を5分間見ただけで逮捕され、労働教化刑(懲役刑)14年という重い判決を受けた中学生がいたが、もうこのような「点数稼ぎ」的な取り締まりはやめて、取締の対象を韓流コンテンツの流布に関わった者など、より罪状の重い者に絞ろうということだろう。

(参考記事:北朝鮮、14歳少年を「たった5分」で容赦なき見せしめ

「党の思想意志の統一と大衆の一心団結の基礎を整えるための事業は、すべての司法部門が推し進めるべき核心事業だとして、今のように苦しい時期に捕まえることばかり考えるのではなく、一人でも救い出す形で事業を改善すべきという思想を集中的に指摘した」(情報筋)

反社会主義、非社会主義行為取り締まりの嵐が吹き荒れる中で、一人でも多く摘発することが実績とされる傾向が強いのに、この会議で示された方向性が実際の現場に適用されるかは不透明と言えよう。

また、取り締まりが緩和されたとなれば、今まで韓流の視聴を控えていた人々が、恐る恐るながらも韓流にまた手を出すようになり、あっという間に元の木阿弥になってしまうことも考えられる。そもそも、これだけの取り締まりを行っても、韓流の撲滅には至っていないのだから、少しでも取り締まりの手を緩めればその結果は火を見るよりも明らかだ。

    関連記事