人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

女性収監者は、入所時に血液検査を通じて妊娠の可否を検査される。万一、妊娠していることがわかれば近隣病院で強制堕胎されて治療期間もなく労働に投入されるなど深刻な人権侵害にあっていると見られている。

拷問と暴力による人権侵害も存在するが、これらは大きく三種類に分けられる。一つ目は収監者が生活規則を破る場合だが、教化所に入ったが慣れずに処罰を受けるケースだ。

二つ目は仮に規則に慣れても食事量が少ないことから穀物や野菜などを盗んだことによる暴力。三つ目は生活総和を通じて批判を受けた収監者が処罰される過程で起こる暴力だ。

生活総括では強制的に収監者同士で批判させるが、これによって収監者は互いの関係が悪化させ、規則を破った時に受ける処罰を通じて普段の生活に恐怖心を植え付けさせる方法として利用していることだ。

    関連記事