人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金正恩総書記は11日、国防発展展覧会の開幕式で記念演説を行い、「朝鮮半島地域の情勢不安定はアメリカという根源のため、容易には解消されなくなっている」とし、軍事力をいっそう強化していく決意を表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は「アメリカは最近、わが国家に敵対的でないというシグナルを頻繁に発信しているが、敵対的でないと信じることのできる行動的根拠は一つもない」と指摘。

また、韓国が南北対話を唱えつつ、一方では米国の支援の下に軍事力を増強しているとしながら、「南朝鮮のこのような度を越す企図を放置しておくのも危険なことだが、それよりも危険なことは、彼らの軍備近代化の名分と偽善的で強盗さながらの二重の態度」だと断じた。

一方、「われわれの主敵は戦争そのものであって、南朝鮮やアメリカ、特定の国家や勢力ではない」としながらも、「現実は、われわれをしていささかの自己満足や停滞も知らず、現存する憂慮や脅威を安定的に統制できる力と手段を備えることに拍車をかけることを求めている」との認識を明らかにした。

    関連記事