人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は25日、談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

金与正氏は24日にも談話を発表。韓国の文在寅大統領が朝鮮戦争の終戦宣言を提案したことに対して、「敵視政策」が先に撤回されるべきだと主張した。今回の談話は24日の談話を踏まえたものだが、二日連続の談話は極めて異例だ。

金与正氏は談話で、自身の談話に対する韓国の反応を「注意深く見た」とし、「北南関係を一日も早く回復し、平和的安定を成し遂げようとする南朝鮮の各界の雰囲気は阻むことのできないほど強烈であるという感じを受けた」と述べた。

また、「今、北と南が互いにけちをつけ、舌戦をし、時間を費やす必要がないと思う。南朝鮮が北南関係の回復と健全な発展を真に願うなら、一言を言っても全ての事に熟考し、正しい選択をすべきである」と主張した。

一方、「二重基準はわれわれが絶対に黙認することができない」とし、「われわれの自衛権次元の行動は全て威嚇的な『挑発』に罵倒され、自分らの軍備増強活動は『対北抑止力の確保』に美化する米国、南朝鮮式対朝鮮二重基準は非論理的で幼稚な主張であり、朝鮮民主主義人民共和国の自主権に対する露骨な無視、挑戦である」と強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そのうえで、「公正性と互いに対する尊重の姿勢が維持されてこそはじめて北南間の円滑な疎通が成されるであろう」としながら、「終戦が時を失わずに宣言されるのはもちろん、北南共同連絡事務所の再設置、北南首脳の対面のような関係改善の諸問題も建設的な論議を経て早いうちに一つ一つ有意義に、見事に解決されることができると思う」と主張した。

また、「しかし、これはあくまでも個人的な見解だという点をきっと明らかにしようとする」と付け加えた。

    関連記事