人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長が15日、韓国の文在寅大統領を非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が同日付で伝えた。

韓国は15日、独自開発した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に初めて成功した。文氏は発射実験に立ち会い、実験の成功について「北の挑発にいつでも対応できる十分な抑止力を保有していることを証明した」と述べた。

文氏の発言をふまえて、金与正氏は「報道に明らかにされた『大統領』の失言が事実であれば、いわゆる一『国家』の『大統領』としては愚昧の至りであろう」とし、「たいへん大きな遺憾の意を表明する」と非難した。

また、「自分らの類似した行動は平和を後押しするための正当な行動であり、われわれの行動は平和を脅かす行動に描写する非論理的で慣習的な、愚昧な態度に大きな遺憾の意を表明するとともに、今後、北南関係の発展について懸念せざるを得ない」と主張した。

つづけて、「『大統領』まで出て相手を謗り、言い掛かりをつけるのに加勢するなら、やむを得ずそれ相応の性格の行動が伴うことになり、そうなれば北南関係は余地もなく完全破壊に突っ走るようになるであろう」と警告した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そのうえで、「座って『北韓』に勝てるという『力自慢』などをするのが、『大統領』のすることではないと思う」と強調した。

    関連記事