人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮中央通信など北朝鮮メディアは13日、国防科学院が開発した新型長距離巡行ミサイルの試射が成功裏に行われたと報じた。試射は今月11日と12日に行われたという。

国連安全保障理事会決議は北朝鮮に対し、弾道ミサイル技術を用いた発射を禁じているが、巡航ミサイルの発射はこれに抵触しない。北朝鮮メディアが公開した写真を見ると、巡航ミサイルの形状は米国製のトマホークに酷似している。

試射には朝鮮労働党中央委員会の朴正天(パク・チョンチョン)書記と、金正植(キム・ジョンシク)、全日好(チョン・イルホ)両副部長が立ち会ったという。金正恩総書記は立ち会わなかったもようだ。

同通信は、「第8回党大会が示した国防科学発展および兵器システム開発5カ年計画の重点目標の達成において大きな意義を持つ戦略兵器である長距離巡航ミサイルの開発は、この2年間、科学的で頼もしい兵器システムの開発プロセスに従って推進されてきたし、この過程に細部的な部分試験と数十回のエンジン地上噴出試験、相異なる試験飛行、制御誘導試験、戦闘部威力試験などを成功裏に終えた」と伝えた。

また、「発射された長距離巡航ミサイルは、わが国家の領土と領海上空に設定された楕円および8字形飛行軌道に沿って7580秒を飛行して1500キロメートル界線の標的を命中した」と明らかにした。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

さらに、「試射を通じて新しく開発したタービン送風式エンジンの推進力をはじめとする技術的指標とミサイルの飛行制御性、複合誘導結合方式による末期誘導命中正確性が設計上の要求を全て満たした」と伝えた。

    関連記事