人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は8日、咸鏡南道(ハムギョンナムド)で豪雨と洪水による被害が発生したことを受け、金正恩総書記が復旧用資材を国家予備分から現地に供給することや、財政・物質的に咸鏡南道の被害復旧を強力に支援することを命令したと伝えた。

同通信によれば、朝鮮労働党中央軍事委員会は5日、被害復旧のため咸鏡南道党軍事委員会拡大会議を緊急招集することなどを指示。金正恩氏の命令はこの中で伝えられた。

(参考記事:「あんた達のせいで皆死んだ」住民見殺しで金正恩体制の権威失墜

朝鮮中央テレビの5日の報道によれば、咸鏡南道では豪雨で川が増水して堤防が決壊、1170世帯以上の住宅が崩壊・浸水し、約5000人の住民が緊急避難した。また、また数百ヘクタールの農耕地が埋没・浸水・流失し、道路約1万6900メートルや橋梁が破壊された。

咸鏡南道党軍事委は同日、党中央軍事委の指示を受けて拡大会議を招集。会議では「確定した被害復旧の規模に応じて当該の地域に急派する建設陣の編成と設計の先行、資材輸送をはじめ実務的な問題を討議し、道内の党、行政、安全、保衛の各機関の責任活動家と人民軍の軍事・政治幹部で強力な被害復旧指揮組を組織した」という。

    関連記事