人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の金正恩総書記は17日に行われた朝鮮労働党中央委員会第8期第3回総会の3日目会議で、最近の国際情勢に対する分析を示し、「対話にも対決にも全て準備ができていなければならない」と述べた。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、金正恩氏は「新しく発足した米行政府のわが共和国に対する政策動向を詳細に分析し、今後、対米関係において堅持する的中した戦略・戦術的対応と活動方向を明示」し、「わが国家の尊厳と自主的な発展・利益を守り、平和的環境と国家の安全を頼もしく保証するためには対話にも対決にも全て準備ができていなければならず、特に対決にはより手落ちなく準備ができていなければならないと強調した」という。

米バイデン政権の発足後、対米関係に関する金正恩氏の発言が伝えられたのは初めて。

さらに、「重要な国際および地域問題に関する党と共和国政府の対外政策的立場と原則を表明し、わが国家の戦略的地位と能動的役割をいっそう高め、有利な外部的環境を主動的に整えていくことについて述べるとともに、時々刻々変わる状況に鋭敏かつ機敏に反応、対応し、朝鮮半島の情勢を安定的に管理していくことに力を注がなければならないと明らかにした」という。

会議ではまた、今年の「主要国家政策的課題を徹底的に実行するための追加的な対策的問題を反映した決定書と、全党、全軍、全人民が今年の農業に力を集中して穀物生産計画を無条件に完遂することに関する決定書」を採択。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人民生活を安定、向上させるための第5の議案と、党の育児政策を改善、強化するための第6の議案が討議された。

    関連記事